myuからYOUへのゆるかわ音楽 音楽への思い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繋がっていたいタカラモノたち。

こんにちは~☆

今日は少し、myuと音楽にちなんだ昔話?をしてみたい
と思います。笑


はじめにお伝えしておきますが、私はいちアーティスト
として食べていくつもりは元からありません。笑

演奏をして、歌を歌って生活していく。

夢を抱く人は世の中に数え切れないほどいるし、実際
に成功して生活している友人や知り合いもいます。


そんな中で、『音楽で成功して生きていきたい!』という
大きな夢をもって東京に行ってもう8・9年になる大切な
人がいます。

彼と知り合ったのは私が小学生のころ。
いわゆる幼なじみなんですが、その彼とは切っても切れない
仲があって。

友人であった期間、恋人だった期間もそれぞれありました。



実を言うとお互いに未熟で子どもで、一度は壊れてしまった
関係ではあるんですが、それでも私は彼の夢の実現を
応援し続けてます。

何度も何度も投げ出したくなる境遇に立たせられても、彼は
音楽を選んで、今も前に向かって進もうとしてる。

荒れた時期ももう諦めようと思った時期があったこともあった
けど、それでも彼は立ち向かって日々生きている。

私を含めて人間って誰しも強くないし、周りの支えなしでは
生きていけないと思うんですよね。

今の私にできるのは、ただ遠くで応援することぐらいしか
できないけど。。。

前に進めなくなったら、一度立ち止まってみればいいし、
休憩だってときには必要だって思う。




がむしゃらに前に進むだけが人生じゃないよっ!



・・・って、単なるヒトリゴトになっちゃったけど(笑)、それでも
いいや☆


疲れたら、羽を休めに一度立ち止まってみたらいいよ。



ちょっと個人へのメッセージみたいになっちゃってるけど、
まんまメッセージです。




本人には届かないかもしれないけど、このブログにこうして
思いを書くことで、今日はちょっとだけ自己満足させて
ください。笑



ではでは☆











スポンサーサイト

テーマ : 自分に力をくれるもの
ジャンル : 音楽

myuと音楽と人との出会い ~後編の後編~

音楽との出会いについて書き始めたら、まとまりがつかなく
なってきちゃって、自分でもなにが言いたいのかよく
わかんなくなってきちゃったmyuです ^ ^;


・・・・というわけで☆            
先日から書いている“ myuと音楽と人との出会い ”
シリーズ(?)の、後編の後編です。笑

音楽がもともとなんとなく好き、というレベルだった私ですが、
大学での講義で、音楽が元々は言葉より以前に発達していた
ものであるとか、言語コミュニケーションに欠かせないもので
あったことだとか、音楽が人に与える心理的な作用、音楽を
媒体とした社会貢献を医療・福祉現場でできることを知って、
「 音楽を通して社会貢献ができる 」
ということを強く意識するようになった私。

卒業後はめでたく、とある病院で県内初の“ 常勤音楽療法士 ”
として勤務することができました(*^^)♪


( もしこの文章で私が誰だかわかった方も、気軽にコメント
  くださいね☆ )


大学時代の恩師、K氏は 日本音楽療法学会 でも理事を務
めるほどの著名な方。
実際は、おおらかなイメージで私の心のお父さん的な存在
です ^ ^

仕事が行き詰ったときには、泣きながら電話したらわざわざ
市をまたいで話を聞きに飛んできてくれたこともあったなぁ。。

今でも近状報告をしたり、近々またお会いする予定があったり
と、大学卒業後もお世話になりっぱなしの方です。

職場で約250名ほどの患者さんに各グループのセッションを
行いながら、あるときふと 『 音楽に追われている感覚 』
を私自身が抱いていることに気付きました。

そこでタイミング良く見つけたのが、地元長崎県佐世保市
での、とあるセミプロバンドのキーボードのお手伝いの募集。

決して演奏に自信があるわけではなかったんだけど、自分
自身が音楽を楽しみたい!という強い思いから、リーダーに
会ってみることに。

そんな出会いからとんとんと話が進み、一年ほど依頼を受けた
ステージでキーボード演奏をしたり、ボーカルをさせてもらったり
させてもらいました♪

そこで得たのが、 『 バンドを通して音楽を楽しむ 』 という
新しい感覚☆



依頼された時間や客層に応じて選曲をして、スタートから一番
の盛り上げ部分、ラストの曲をああでもないこうでもないと言い
ながら、メンバーみんなで決めていくところから、音楽を通した
コミュケーションの始まりなんですよね(*^^)

それから練習を重ねて、ギター、ベース、キーボードそれぞれ
の掛け合いをしながらオリジナル仕様に曲を作り上げていく。

本番ではライブを通してお客さんとの一体感を得られたり、
お客さんが知っているカバー曲を一緒に口ずさんでくれること
がライブで私が一番達成感を得ることのできる瞬間でした☆

音楽ってどれだけ練習を重ねても、“ 完璧な演奏 ” って
ないと思ってるんですよね。

逆に 「 完璧にできた! 」 と満足しちゃうと、そこから上を
目指すことはなくなってしまうわけで、そのレベルの演奏より
上を演奏しようとすることもなくなってしまうわけで。。


なんだか熱く語ってしまいましたが、そんな音楽への思い
を胸に秘めながら、趣味がてら音楽とともに毎日を忙し
楽しく過ごしてます♪


来月はいよいよライブを控えてる今日このごろ☆
スタジオでの練習も近まってきているので、週末は個人
練習に励みたいと思いますっ(*^^)♪



ではでは☆














テーマ : ☆Music☆
ジャンル : 音楽

myuと音楽と人との出会い。 ~後編~

前日28日の話の後編です ^ ^

大学で学ぶまで、『 音楽療法 』について全くの無知
だった私。

イメージとしては、“ 音楽で人を癒す・・・?? ” といった
感じ。

でも、音楽療法を学んでいくうちに、私の中の“ 音楽 ”への
意識が確実に変わっていきました。

まずは『 音楽療法とは? 』 というところから話してみたいと
思います☆

『〇〇セラピー』 っていう言葉を聞いたことがある方がほとんど
だと思うんですけど、音楽療法の場合は 『 Music Therapy
(略してMTと表現されます)』
という正式名称があります。

セラピー=治療者 っていうのがわかりやすい表現になる
んだろうけど、 『 じゃあ何をどうやって治療するの? 』 って
いう話になりますよね?


日本の場合、現在のところ医療と福祉は 国から負担金が
1割から3割で出てるんだけど、 例えばアメリカなんかでは
国からの医療費用は一切出てません。
(ちなみにアメリカの場合、州によって法律 は異なります)

要するにアメリカでは

「 お金がない人は病院に行けない、 治療が受けられない 」
っていうことなんですよね。。

今世界で福祉制度が発達しているのは 断トツ一位
でフィンランド。
(その代わり税金も高いけど^^;)

ヨーロッパでは、税金をおおざっぱに平均すると 25%から30%
なので、
日本人は消費税5%ぐらいで ぐだぐだ言うなっ!!
って思われてる かも知れないですよねぇ。。。


あ、なんか横道に反れてきちゃったo(_ _;)oゴメンナサイ




結論から言うと、今(2009年5月29日現在)の日本では、
音楽療法を受けるための保険というのは扱っていない
ってことです。


風邪をひいたら内科に行く。
骨折したら外科に行く。
心が疲れたら精神科に行く。


↑ ここまでは普通に保険証を提示すれば、一般の方
であれば3割負担で済むんだけど、 音楽療法を受けたい
場合は、全額負担しなきゃ ならないってな感じです。


少し小難しい話になりますが、 “ 音楽療法とは? ”
専門的な言葉で伝えると、
『音楽を通じて対象者(集団、あるいは個人)に 身体的・
心理的・社会的変化をもたらす治療行為 を行える者』

が音楽療法士、ってことです。


例えば対象になるのは、 ひとり暮らしの高齢者の方かも
しれないし、 介護予防施設かもしれないし、福祉施設
かもしれない。

脳に機能的な障がいを持つ子どもかもしれないし、その
子どもを持つ母親かもしれない。

もしかしたら、そんな母親を妻に持つ旦那さんかもしれない。

さらに旦那さんが働いている職場の上司かも しれない。


・・・ と、対象者は掘り下げて考えると無限にいるわけ
なのです☆


またまたちょっと長くなりそうなので、また機会があればいくらか
に分けて紹介させていただき ますねっ(*^^)♪


ではでは~☆






テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

myuと音楽と人との出会い。 ~前編~

こんにちは☆

今日は、私が音楽に出会ったきっかけや音楽活動をするきっかけ
や内容について語ってみたいと思います☆

ちっちゃいころ、“ 簡易カラオケプレーヤー ”のようなおもちゃ
を買ってもらっていて、それで歌って高得点を出すのに子ども
ながらにハマっていた私。


小学2年生の頃から、ピアノを習い始めました。

ピアノのレッスンは、週に一回、毎週金曜日。


ぶっちゃけ

前日までほとんど練習をしない劣等生
でした ^ ^;

それでも毎年のピアノの発表会が楽しみだったり、先生が
好きだったので、ピアノは中学生になっても続けてました。

そんな中、ある日レッスンの中で先生が、
『 ○○ちゃん、声楽のレッスンをしてみない? 』 と。

正直そのときは中学生になったばかりだったし、『 声楽 』
というものにピンとこなくて訝ってましたが、
“ 声質に将来性を感じる ” と母にも猛プッシュしたらしく
レッスンを受け始めることに。

コンクール等にも出させてもらって、大学進学を決める時期
には自然と『 音楽に携わる仕事をしたい 』 と考えるように
なっていました。

そして、音大に進学。専攻は『 音楽療法 』 というもの。

ちなみにそのコースを選んだのは、音楽科の教員免許と
音楽療法士の資格の両方がとれるから
、という単純な
理由でした。笑


でも、それが後々今の私を築き上げる重要な選択だった
んだな、と今ひしひしと感じています。



長くなってきたので、後編を書きたいと思います☆


ではでは(*^^)






テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

ゆるかわ音楽ブログを読んでくださっているみなさまへ☆

いつも “ myuからYOUへのゆるかわ音楽 ”を読んで
くださってありがとうございます(*^^)

3月に始めた、私の音楽への思いや気になる音楽的出来事を
気の向くままに書いているのですが、たくさんの方に見て
いただいて、コメントや拍手をいただいて毎日活力をいただいて
います☆

音楽って、目に見えないし時間とともに流れていってしまうもの
だけど、だからこそ

“ 時間の流れを一緒に共有できるもの ”

だと思っています。

歌詞に共感したり、音楽のある一部分のメロディーを一緒に口
ずさんだり、楽器ができる方であれば、音楽を通してノンバー
バルなコミュニケーションをとることができたり。

音楽は、『 怒りを表現することができない芸術 』と言われる
そうですが、確かに自分で音楽を聴いてイライラすることって
ないですよね? ^ ^

実は私は、音楽を

“人と人とのコミュニケーションを円滑にする”

媒体として生活に活用していけるような仕組み作りを考えて
います。

そのために、歌や楽器演奏を通してストレスフルな社会を
生きるみなさんに、誰しも持っているそれぞれの悩みや
ストレスを少しでも改善する方向に持っていけたらうれしい
な、と思ってます。

まずは自分をオープンにして、読んでくださっている方も含めて
これから出会うであろうみなさんと音楽を通した素敵な関係を
築いていければ幸いです☆

なんだかまじめな話になってしまいましたが・・・、

改めて、 “ NO MUSIC, NO LIFE !!” 



そんなmyuはこんな奴です♪ということで・・・























myu 写真 公開☆









じゃじゃん!!!

一部、公開してみちゃいますねっ♪


なお、この記事は削除する可能性がありますので、あらかじめ
ご理解いただければと思いますm(_ _*)m




ではでは、これからも
“ myuからYOUへのゆるかわ音楽 ” をよろしくお願い
いたします☆


♪ ありがとう ♪ / KOKIA



テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

プロフィール

myu

Author:myu
福岡県福岡市を拠点として、音楽活動を趣味がてらしています☆

のんびりマイペースなので、ゆる~くBGMを流してごろごろしたり、
お風呂で音楽鑑賞&歌詞作り&読書したりなんかが日常になっちゃ
てます♪

個人的に加藤ミリヤ、YUI、Fayrayなんかが好き。活動もゆるPOPジャンルが多いです。

また、現在 Cherry Berry としてもユニットを組んで福岡市を中心に活動中☆

徐々に曲を載せていく予定なので、それまではとにかくヒトリゴトで我慢してくださいねっ(> <;)

ではでは、よろしくです☆

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
訪問してくださった方☆
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード
☆myuの欲しいモノリスト☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。